地下タンク点検また地下貯蔵所漏洩点検、地下タンク定期点検と消防法点検検査業者

40年以上経過した地下タンク施設ついて

現在、地下タンク貯蔵所の定期点検は法令により1年に1回以上行われなければなりません。また、改正消防法で40年以上前の貯蔵タンクは改修が義務化されています



直接埋設鋼製一重殻地下貯蔵タンクの例

地下貯蔵タンク設置年数、塗覆装の種類及び設計板厚に基づく腐食の恐れを評価します。

腐食の恐れが特に高いもの

  • コーティング
  • 電気防食

上記のいずれかの措置を実施

腐食の恐れが高いもの

  • コーティング
  • 電気防食
  • 危険物の微小な漏れを検知するための設備

上記のいずれかの措置を実施

腐食の恐れが特に高いもの又は腐食の恐れが高いもの以外のもの

現在の基準通り

地下タンク貯蔵所の漏洩点検は

地下タンクの気相部と液相部の漏洩検査です。

タンク内部の各検査は

埋設配管等、付帯設備の検査については問題ありません。

タンク内部の板厚測定及び溶接部分の腐食等の検査は

地下タンク貯蔵所内部より、液相部(危険物油)を全て抜き取った上でタンク内部を清掃洗浄いたします。

タンク内部の洗浄後にタンク本体の肉厚の点検をします。

上記の方法などによりタンク本体の正確な腐食の検査が可能になります。

地下タンク清掃点検対応エリアは岐阜県及び愛知県、三重県、長野県、滋賀県と福井県や石川県と新潟県や京都府周辺など。
その他の対応エリアなどにつきましてはお問い合わせください。

地下タンクの清掃点検などは何でもご相談ください。

対応エリアについて

地下タンクなど点検業務対応エリアの一覧です。またその他のエリアなどについてはご相談ください。

電話連絡 会社画像

クリーンハウス岐阜
岐阜県
岐阜市金園町1-3-3クリスタルビル
TEL050-7770-4492

更新担当佐合平成28年9月22日午後4時28分終了:次回23日午前更新予定